ホームページログイン

ひろしまの森づくりシンポジウムを開催しました。

会場の様子
会場の様子
2011年1月16日(日)、広島国際会議場(広島市中区)において、「ひろしまの森づくりシンポジウム」を開催し、子どもから大人まで森づくりに関心をもつ県民約200人にご参加いただきました。
内山 節(たかし)さんによる基調講演に始まり、県内で森づくりに取り組んでいる各団体の活動発表、意見交換会が行いました。会場の入り口横では、ひろしまの森林づくりフォーラム、ひろしま緑づくりインフォメーションセンター(GIC)によるパネル展示も行いました。参加者ひとり一人の森づくりへの意識が高まる有意義なシンポジウムとなりました。
時間 プログラム
13:00 開場・受付
13:30 開会あいさつ  ひろしまの森林づくりフォーラム 山根恒弘会長
13:35 基調講演
 講師/内山 節さん(NPO法人・森づくりフォーラム代表理事、立教大学大学院教授)
 演題「県民参加の森林づくりへの私の期待」
14:35 休 憩
14:45 県民参加の森づくり事例発表
◆ドリーム放送局~森林ジュニアインストラクターからのレポート~ (三原市/北方小学校)
◆中央小森林調査隊からの発信(世羅町/中央小学校)
◆神辺四季の森づくり(福山市神辺町/ひろしまの森づくり事業)
◆里山整備士の活動(広島市/ひろしまの森づくり事業)
◆企業の森づくり(呉市/株式会社ディスコ)
15:50 休 憩
16:00 県民参加の森づくり 意見交換会
コーディネーター/中越 信和さん(広島大学大学院教授)
パネリスト/ 内山 隆さん(基調講演者)
         佐藤 義則さん(神辺四季の森づくり)
         田公 和男さん(広島市 里山整備士)
         高木 隆行さん(株式会社ディスコ)
17:00 終了
会長あいさつ
会長あいさつ
■オープニング・開会あいさつ
主催者を代表して山根恒弘会長が「植樹~育樹~活樹の循環によって生物が多様に生きる環境をつくり、持続型社会を作っていきましょう。」と挨拶されました。
■基調講演
内山 節さん「県民参加の森林づくりへの私の期待」 森林づくりとは、ただ木を植えるということにだけに留まらないで、もっと大きな見方をしなくてはならないことを伝えられました。森というものの捉え方、森とともに生きる意味についての考え方も述べられました。現代社会の行きづまりについて触れ、人は自然とどう係り合っていけばいいのかという課題を提起され、これからの森林づくりでは森とともに歩むことの意味を考えていってほしいという思いを述べられました。
内山 節さん
内山 節さん
■県民参加の森づくり事例発表
事例発表ではそれぞれ工夫を凝らし、小学校や団体、企業で行っている森づくりへの取り組みを紹介しました。広島県内で様々な取り組みが行われていることに驚かれる参加者もいらっしゃいました。

◆ドリーム放送局~森林ジュニアインストラクターからのレポート~(三原市/北方小学校)
「森林ジュニアインストラクター」として、養成講座で学んだこと、もっと知りたいと思い調べたことを発表しました。内容を暗記して、大きな声で発表する子どもたちの姿に、会場全体が引き込まれていました。最後に「森林ジュニアインストラクター」として、これからも森林を守り育てていく意気込みを宣言していました。
ドリーム放送局~森林ジュニアインストラクターからのレポート~(三原市/北方小学校)


◆中央小森林調査隊からの発信(世羅町/中央小学校)
豊かな自然に囲まれて生活していく中で、身近に感じる森の変化に疑問を抱き、それについて調べたことを暗記して発表しました。森林の恵みを感じながら、人と森林のつながりを調べ、もっと多くの人にそれを伝えていきたいという思いを発信していました。
中央小森林調査隊からの発信(世羅町/中央小学校)


◆神辺四季の森づくり(福山市神辺町/ひろしまの森づくり事業)
福山市神辺町の森の現状について述べられ、福山市の取り組みを説明されました。発表には、実際に植林している光景や森を整備している様子が写真を交えて参加者へ伝えられました。神辺町のこれまでの森づくりと地元の熱意がしっかり伝わりました。
神辺四季の森づくり(福山市神辺町/ひろしまの森づくり事業)


◆里山整備士の活動(広島市/ひろしまの森づくり事業)
里山整備士の養成講座について述べられ、どのように里山整備士を増やしていくか、里山整備士がどのような活動をしているのかをわかりやすく伝えられました。親しみのある口調で会場が和やかな雰囲気に包まれました。
里山整備士の活動(広島市/ひろしまの森づくり事業)


◆企業の森づくり(呉市/株式会社ディスコ)
企業として、どのように環境負荷へ取り組んでいくかという視点から、現在取り組んでいる植林活動など、森づくり活動に至った経緯をお話くださいました。今後も、植林した木や設置した巣箱を見守り、「人と自然のあり方」を考えていくという思いを述べられました。
企業の森づくり(呉市/株式会社ディスコ)


■県民参加の森づくり意見交換会
意見交換会では、広島大学 中越教授のコーディネートにより、今後の広島の森づくりについて議論され、「山の日」を定着させたいとのお話もいただきました。
県民参加の森づくり意見交換会


~参加者からのアンケート(一部)~
  • ●小学生たちの学習が楽しそうでとてもよかったです。(20代・女性)
  • ●森づくりの具体的な活動事例を聞くことができてよかった。(30代・女性)
  • ●基調講演の哲学的な内容は興味深く、面白い(40代・男性)
  • ●森と人間との関係という視点に始まり、子ども達の森づくり活動、企業の森づくり活動など、幅広いテーマのシンポジウムで、今後の自分の参考や指針となりました。(50代・男性)
  • ●自然は大事、森も大事、生き方の模索も大事ということが、単なる技術論ではなく、精神性をもったとらえ方で話されたので、非常に参考になった。(60代・男性)
  • ●自然と人間との関係を改めて考えさせられた。(70代・男性)
  • ●シンポジウムの内容はいかがでしたか?
    よかった よくなかった どちらともいえない
    92 0 9
    シンポジウムの内容はいかがでしたか?
    ●「ひろしまの森づくり県民税」についてご存知ですか?
    知っていた 知らなかった
    81 20
    「ひろしまの森づくり県民税」についてご存知ですか?
    list page page top